2018年12月14日(金) 02:01 JST

H26秋第5節第1回戦 対花園大

  • 2014年9月27日(土) 11:20 JST
  • 投稿者: ゲストユーザー
  • 表示回数 3,328

H26秋第5節第1回戦 対花園大(2014年9月27日) [試合終了]
会場:京都学園大学野球場

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
花園大学 0 0 0 1 2 0 0 0 0 3 8 2
京都学園大学 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 5 1
  • 1番中竹井 2番遊浄徳 3番左佐々木 4番一宮下 5番指竹島 6番捕間宮 7番三榎本 8番二石田 9番右濵先 投萬

 

 こんにちは。本日秋季リーグ戦第5節花園大学との試合が京都学園大学にて行なわれました。

 この試合、先制点をもぎ取ったのは花園大学。4回表に先頭打者に安打を打たれると、続く打者が犠打、さらに2安打を連打され、1点を先制されてしまいました。

 さらに続く5回表にも四死球2つと2塁打2本が絡み2点を追加され、3点差とされてしまいます。 

追いかける京都学園大学は8回まで相手エースの前に2安打無得点と完璧に抑えられてしまっていました。

 しかし、9回裏に反撃を開始します。先頭打者宮下が四球で出塁すると、続く竹島が遊撃手の失策を誘う打球を放ち、一気にチャンスを広げました。 

 そして、1、3塁で6番間宮の犠飛を打ちまず1点を返します。 

 さらに、坂本、齊藤が失策、四球で濱先まで繋ぎ、濱先が初球をセンターで弾き返し、同点まで追いつきました。

 そして竹井、浄徳が連打で出塁し満塁でサヨナラのチャンスで佐々木が四球を選び、サヨナラとなり、4−3で逆転勝利をおさめました。

 もう負けは許されない状態で最後の最後まで諦めず、チームが一丸となって勝てたことはとても大きく感じます。

 さらにこの劣勢の中でも逆転までできたことは成長できたところだと思いますが、反省点も多い試合だったとも思いました。

 明日は隙なく勝ち切りたいと思います。

 明日も応援よろしくお願い致します。

 

1 中 竹井(3回生、八幡商業高)
2 遊 浄徳(2回生、柳井学園高)
3 左 佐々木(3回生、京都外大西高)
4 一 宮下(4回生、地球環境高)
5 指 竹島(3回生、天理高)  走西浦(3回生、札幌創成高)9回裏
6 捕 間宮(3回生、守山北高)
7 三 榎本(3回生、光星学院高)  打中村(2回生、金沢学院東高)7回裏  二坂本(2回生、太成学院大高)8回表  走友澤(1回生、愛工大名電高)9回裏
8 二 石田(3回生、北照高)  打齊藤(1回生、石見智翠館高)9回裏  走野田(2回生、広陵高)9回裏
9 右 濱先(3回生、山陽高)  
投 萬(4回生、市川高)

9回 完投 萬 

9回 二塁打 間宮(5回裏)

 

H26秋第5節第1回戦 対花園大 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


サイトカレンダー

サイトカレンダーをスキップ

2018年 12月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ユーザー機能

ログイン

イベント

-