2018年9月19日(水) 19:01 JST

平成27年度秋季リーグ戦 対 大谷大学

  • 2015年9月15日(火) 06:59 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,464
本日、守山市民球場にて大谷大学との試合が行われました。
この試合、先に先制点をあげたのは大谷大学。
2回、2死1塁から7番8番の連打で先制され、続く3回には、長打と犠飛で2点追加点をあげられました。
序盤で3対0と大谷大学に試合の主導権を握られました。
次に試合が動いたのは、5回の裏。京都学園大学の攻撃。
先頭の、間宮が四球で出塁し、石田の犠打で1死2塁と得点のチャンスを作り、9番の濱先が右前適時三塁打を放ち3対1で5回が終了しました。
3回以降、先発の藤本が0点に大谷大学打線を抑えていたが、終盤の7回。3連打を浴びて追加点を取られてしまいました。尚も、1死2.3塁の場面で、2番手の和田が3番4番と抑え、4対1でなんとか食い止めることができました。
その裏、反撃に出る京都学園大学。
先頭が四球で出塁し、犠打と四球などで、2死1.3塁になり、佐々木の中前適時打で1点を返し、尚も2死2.3塁から竹島の左前適時で、同点に追いつき、竹島のヒットで、2塁から逆転のランナーの佐々木が激走をするものの、ホームでタッチアウトとなり、勝ち越すことができませんでした。
7回からマウンドに上がった、和田が4回生の気迫の投球で、8回9回を0に抑えて、流れを引き寄せた。
9回裏、先頭の浄徳が安打で出塁すると佐々木のライト前ヒットでサヨナラのチャンスを広げ、竹島が敬遠され1死満塁。この場面、5番の土江に変わり代打野田。
1ストライクから2球目の球をセンターに弾き返し、サヨナラヒットを放った。
この試合、序盤に得点されたが、粘り強く得点を重ね、勝利することができました。
7回の途中からマウンドに上がった和田も、2回2/3を無安打5奪三振とチームの勝利に貢献しました。
明日、13時より皇子山球場にて大谷大学との2戦目が行われます。
明日も勝利して勝ち点を取れるように、ベンチ、スタンド、チーム一丸となって頑張りたいと思います。
応援よろしくお願い致します。
1 右 河合(2回生、京都外大西高)
右 竹井(4回生、八幡商業高)4回表
2 遊 浄徳(3回生、柳井学園高)
3 指 齊藤(2回生、石見智翠館高)
4 左 佐々木(4回生、京都外大西高)
5 一 竹島(4回生、天理高)
走 高松(2回生、丹生高)9回裏
6 三 土江(2回生、米子松蔭高)
打 野田(3回生、広陵高)9回裏
7 捕 間宮(4回生、守山北高)
8 ニ 石田(4回生、北照高)
9 中 濱先(4回生、山陽高)
投 藤本(2回生、作陽高)
和田(4回生、初芝立命館高)7回表
平成27年度秋季リーグ戦 対 大谷大学 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


サイトカレンダー

サイトカレンダーをスキップ

2018年 09月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ユーザー機能

ログイン

イベント

-