本日、秋季リーグ戦第5節、花園大学との試合が、太陽ヶ丘球場にて行われました。
試合は、5回まで両投手の粘りの投球で0対0と締まった試合となった。
試合が動いたのは、6回表、花園大学の攻撃。
先頭を四球にて出塁を許すと、失策と犠打にて走者が進塁し、2死満塁から中前適時打で2点先制され、その後、野手失策の間に1点失点し、3対0となる。
7回表にも、四球絡みで1点追加される。
どうにか反撃したい京都学園大学は、8回裏。
先頭の森川が2塁打にて出塁すると、2死3塁から萠抜の右越適時ニ塁打と前久保の中前適時打にて2点返す。
しかし、反撃はそこまでとなり、4対2で今季2敗目の黒星となった。
負けられない明日、12時30分から太陽ヶ丘球場にて2戦目が行われます。
応援よろしくお願いします。

コメント (0件)