10月14日(日)第7節 花園大学との2回戦が太陽が丘球場にて行われた。

先制したのは花園大学。

1回裏、今季初先発の久保田(彦根翔陽・4)が1番と2番に連続ヒットを浴びると、1アウトから4番の内野ゴロの間に進塁され、2.3塁のピンチを招く。続く5番の打席にワイルドピッチで1-0と先制点を許してしまう。

2回表、先頭の4番山上(日星・4)が四球で出塁。5番岡本(呉港・3)がヒットで1.2塁のチャンスを作る。1アウトから7番橋本(昂)(地球環境・4)がサードゴロを放つと、サードの送球エラーの間に2人が生還し、1-2と逆転に成功。続く8番北川(近江・1)がヒットで繋ぎ、9番安達(比叡山・3)の犠牲フライで1-3とした。

4回表、5番岡本、6番前久保(天理・3)の連続ヒットでチャンスを作る。続く7番橋本(昂) が送りバントを決めると、8番北川が2点タイムリーヒットを放ち、1-5と突き放した。

5回表、先頭の2番萠抜(綾部・4)がスリーベースヒットで出塁。1アウトから4番山上のタイムリーヒットで1-6。続く5番岡本が死球で出塁し、6番前久保のサードゴロエラーの間に山上が生還し1-7とした。

6回表には、先頭の8番北川が四球で出塁。9番安達がバットヒットで1.2塁のチャンスを作る。続く1番代打池淵(大社・4)のタイムリー内野安打で1-9と追加点を挙げた。

しかし6回裏、2番手の中川(京都国際・1)が連続四死球を与え、ピンチを招いてしまう。3番手山下(翔)(渋谷・1)が死球を与え満塁とすると、3番に走者一掃のタイムリーツーベースヒットを浴び、4-9と追い上げられる。

7回裏には、1アウトからヒットで出塁したランナーに盗塁を許すと、1番にタイムリーヒットを浴び、5-9と追い上げられる。

それでも9回表、先頭の3番森川(高松東・3)、4番山上が連続四死球で出塁すると、5番岡本のタイムリーツーベースヒットで5-11とすると、9番安達の犠牲フライで5-12と追加点を奪った。

9回裏、5番手の小山(洛東・4)が3人で締め、ゲームセット。

5-12で花園大学に勝利し、勝ち点を4に伸ばした。


① 7 松本(瑠)(三田松聖・3)
H 4 5 池淵(大社・4)
② 6 萠抜(綾部・4)
③ 9 石田(伸)(日本航空・1)
9 森川(高松東・3)
④ D 山上(日星・4)
⑤ 3 岡本(呉港・3)
R 2 喜多(小松大谷・2)
⑥ 5 前久保(天理・3)
⑦ 2 橋本(昂)(地球環境・4)
H 丸山(京都両洋・②)
4 上田(京都廣学館・③)
⑧ 4 北川(近江・①)
R 7 戸家(飯南・3)
H 7 大升(石見智翠館・2)
⑨ 8 安達(比叡山・3)

P 久保田(彦根翔陽・4)
中川(京都国際・1)
山下(翔)(渋谷・2)
森(八幡商業・3)
小山(洛東・4)

コメント (0件)