2018年5月23日(水) 10:21 JST

春季リーグ戦 第7節 VS 佛教大学 2戦目

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2017年5月15日(月) 20:40 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 459
本日春季リーグ戦第7節2回戦、佛教大学との試合が皇子山球場にて行われました。
先制したのは京都学園大学。
5回表、先頭の足立大が右三塁打で好機を作る。その後四球で1アウト1.3塁とし、6番齋藤の右前適時打で先制。その後四球でランナーをため、9番安達の押し出し四球でこの回2点目。
6回表には足立大が貴重な追加点となる右本塁打で3対0。
佛教大学も毎回ランナーを出すものの、あと1本が出ない。
その後両チーム無得点のまま9回裏へ。
佛教大学は四球で出塁したランナーを暴投で1点を返すもそこまで。
最後は3-1で京都学園大学が逃げ切った。
先発の平岡は8回1/3を投げて2安打8奪三振1失点と先発投手としての役割を果たし、今季初先発初勝利を挙げた。
次回、5月20日に甲賀市民スタジアムにて花園大学との3戦目が行われます。
絶対に負けることが許されない試合となりますので、チーム一丸となり勝利できるよう挑みます。
応援宜しくお願い致します。

春季リーグ戦 第7節 VS 佛教大学 1戦目

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2017年5月15日(月) 00:00 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 433
本日春季リーグ戦第7節、佛教大学との試合が皇子山球場にて行われました。
先に、先制したのは佛教大学。
5回の表、2死から3番、4番、5番の三連打にて三点失点する。
3点を追う展開となった京都学園大学は、6回裏。
1番の河合が、四球で出塁し、2番萠抜の安打にて好機を作り、相手の失策と菱川の適時打にて2点取り返し、3対2とする。
次の回には、橋本の今季3号の本塁打にて同点となり、試合をふりだしにに戻す。
その後は、両投手の意地がぶつかり合い、両チームに得点を許さない。
9回終わって3対3と延長戦になり、延長でも決着がつかず、連盟規定により10回引き分けとなりました。
明日は、10時より皇子山球場にて行われます。
平日ではありますが、大事な一戦となります。
たくさんの応援よろしくお願いします。

春季リーグ戦 VS 佛教大学

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2017年5月13日(土) 09:24 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 567
本日の佛教大学とのリーグ戦は雨天の為順延となりました。
また、明日は12時30分から皇子山球場にて第1戦目が行われます。
よろしくお願いします。

平成29年度 春季リーグ戦 VS びわこ成蹊スポーツ大学

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2017年5月 1日(月) 18:34 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 562
本日、春季リーグ戦大学5節、びわこ成蹊スポーツ大学との3回戦が京都学園大学グラウンドにて行われました。
先制したのは、昨日同様びわこ成蹊スポーツ大学。
2回表、先頭打者を四球にて出塁を許し、続く打者が安打にて出塁し、その後2死2.3塁から1番に中前適時打を浴び2点先制される。
すぐさま追いつきたい京都学園大学は、4回裏。
1死から安打と四球にて好機を作り、菱川、仁木の適時打にて同点とし、続く橋本が今季2号本塁打を放ち一挙5点得点し逆転に成功する。
追加点が欲しい京都学園大学は、6回裏。
先頭の菱川が本塁打にて得点し、その後も打線が繋がり、この回打者一巡で6得点。
6回終了で、11対2となり、7回のびわこ成蹊スポーツ大学の攻撃を3人で抑え、連盟規定により7回コールドゲームとなった。
先発の川瀬は、2回に崩れるものの、後半本来の投球にて流れを渡さなかった。
川瀬は、今季4勝目を挙げた。
残すは、第7節佛教大学と花園大学との3回戦(5月20日甲賀スタジアム)のみとなりました。
3連勝にて優勝を決めたいと思います。
応援宜しくお願い致します。

平成29年度 春季リーグ戦 VS びわこ成蹊スポーツ大学

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2017年4月30日(日) 21:21 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 424
本日、リーグ戦第5節びわこ成蹊スポーツ大学との2回戦が京都学園大学グラウンドにて行われました。
試合が動いたのは2回の裏びわこ成蹊スポーツ大学の攻撃。
京都学園大学の先発久保田が、2死1.3塁から一番に、適時三塁打を打たれ2点先制され、続く打者にも、適時打を許し一挙3点失点する。
3回にも、びわこ成蹊スポーツ大学の先頭打者を安打で出塁を許し、8番、9番、1番の三連打にてこの回も3点失う。
序盤に、6対0となり、少しずつ得点を返していきたい京都学園大学。
6回表。1番、2番が安打にて出塁すると、二者連続四死球にて1点返す。
しかし、後続が倒れ1点止まり。
その裏に、1点失点し、7回にも1点失点をし、連盟規定により7回コールドゲームとなり敗北となった。
投手陣が安定せず、ビックイニングを2度も作ってしまった。
明日3戦目が京都学園大学グラウンドにて10時から行われます。
死に物狂いで勝ち点を奪い取り、最終節の佛教大学に挑みたいと思います。
応援宜しくお願い致します。

平成29年度 春季リーグ戦 VS びわこ成蹊スポーツ大学

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2017年4月30日(日) 16:34 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 437
本日、第5節びわこ成蹊スポーツ大学との試合が守山市民球場にて行われました。
先制したのは、京都学園大学。
2死から足立が安打で出塁すると、山上が四球で1.2塁と好機を作り、菱川の適時打にて先制し、尚も、2.3塁から齊藤の内野安打で2点追加する。
その後、無得点が続く。
追加点を獲得したのは、6回。
伊藤の二塁打で追加点の好機とし、相手野手の失策と安達の三塁打で2点追加。
7回にも、二者連続で四球で出塁し、犠打にて1死2.3塁とし、齊藤の中前適時打にて6対0とし、橋本の犠飛で2点目追加し、連盟規定により7回コールド勝ちとなった。
投げては、先発の川瀬が初回に連打を浴びるものの、後続を抑えた。
その後、7回まで安打を打たれることなく相手打線に好機すら作らさない。
7回投げて、被安打3と完璧の投球にて勝利を呼び込んだ。
まず、1戦目勝利し明日に流れを作った。
明日、13時より京都学園大学グラウンドにて2戦目が行われます。
応援宜しくお願い致します。

H29春 リーグ戦 第3節3回戦 対花園大学

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2017年4月16日(日) 22:24 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 598

H29春 リーグ戦 第3節3回戦 対花園大学(2017年04月17日13:00) [試合中止]
会場:京都学園大学城球場

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
花園大学 1 0 1 0 2 4 7
京都学園大学 2 0 1 0 3 5
  • 降雨、試合中止(ノーゲーム)

平成29年度 春季リーグ戦 VS 花園大学

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2017年4月16日(日) 21:27 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 530
本日、京都学園大学Gにて2戦目が行われました。
試合が動いたのは、2回裏。
花園大学の攻撃。
先頭が安打で出塁すると、犠打と三振で2死とするが、8番に本塁打を浴び、今季初の先制点を奪われた。
その後は、花園大学の左腕の前に凡打が増えチャンスすら作ることが出来なかった。
2対0のまま終盤戦に入り、試合が動いたのは、8回裏。
花園大学3番打者にソロ本塁打を浴び試合の流れを奪われた。
そのまま、9回も3人で終わり、3対0で敗北となった。
1試合に併殺打3つと走者を得点圏に進めれなかった事が課題となった。
1勝1敗となったが、明日は全員で1勝を勝ち取り、勝ち点取れるように頑張ります。
13時から京都学園大学Gにて行われます。
平日ではありますが応援よろしくお願いします。

平成29年度 春季リーグ戦 VS 花園大学

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2017年4月15日(土) 23:06 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 530
本日、春季リーグ戦第3節、花園大学との試合が伏見桃山城球場にて行われました。
先制したのは、京都学園大学。
初回に、1番の安達が中安で出塁し、2死3塁から山上の先制適時打にて先制した。
その後、相手投手の調子も上がり追加点のチャンスがなかなか作れなかった。
5回終わって1対0と投手戦となっていた。
試合が動いたのは、6回表。
ここまで好投していた先発の川瀬が、四球と自らの失策にてピンチとなり、代打に左前適時打にて同点とされる。
その後も、ピンチだったがゴロを打たせ何とか1失点で抑えた。
同点から勝ち越したのは京都学園大学。
7回裏。
先頭の齊藤が安打で出塁し、萠抜の犠打と橋本の内野安打で、1死2.3塁から代打河合。
カウント3ボール2ストライクから、中前適時打で二塁走者も生還し、待望の二点追加する。
終盤に二点追加し、3対1となり、8回、9回は川瀬が打たせて取りきっちりと抑え勝利した。
明日、京都学園大学Gにて2戦目が行われます。
応援よろしくお願いします。

平成29年度 春季リーグ戦 VS 福知山公立大学

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2017年4月10日(月) 21:15 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 477
本日、第2節福知山公立大学との2戦目がわかさスタジアム京都にて行われました。
先に先制したのは京都学園大学。
先頭の菱川が四球で出塁すると、齊藤が左前二塁打で無死2.3塁とし、初スタメンに抜擢された伊藤の犠飛にて先制する。
その後も、4回には伊藤の左前適時打にて追加点とする。
しかし、打者一巡は完璧に抑えていた先発の藤本が二巡目から捕まった。
4回5回と1点ずつ失点し5回終わって同点となった。
シーソーゲームになった、この試合だかやはり伊藤の一振りで学園大学が有利になる。
6回表、2死1塁から中越適時三塁打でこの試合三打点。
7回表には、板倉の適時打と山上の適時二塁打で5対2と突き放す。
先発の藤本も6回からは本来の打たせて取る投球ができ、7回と8回2死まで平岡が中継ぎし、川瀬が抑え5対2で勝利し2連勝で勝ち点2とした。
終盤は、投手陣の継投がはまり相手打線にチャンスすら作らさなかった。
来週、15日16日は花園大学との試合が行われます。
応援よろしくお願いします。

サイトカレンダー

サイトカレンダーをスキップ

2018年 05月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ユーザー機能

ログイン

イベント

-